巨人・山口俊が暴行事件で先発取りやめ!酔っ払って病院で大暴れか・・・!?

DeNAから今季巨人に移籍した山口俊選手が、なんと今月11日に暴行事件を起こしていたことがわかりました!
この日は、自身の30歳の誕生日だったこともあってハメをはずしすぎてしまったのでしょうか?

おめでたい日であるはずが、不運にも最悪な事態に。。。

どんな状況だったのか詳しく見ていこうと思います。
また、今後はどんな措置がなされるのかも調査しました。

スポンサーリンク

警備員に暴行と器物破損!?

当日、一体何があったのか確認していきましょう。

山口選手は、11日未明に東京都内の飲食店で友人と酒を飲み、ガラスで右手甲を負傷。
この時の手の負傷は原因が全くわかっていませんが、利き手の右手を負傷するなんてプロとして少し意識が低いような気もしますね。

その後、東京都目黒区の病院へ行ったわけですが、そこで扉を壊したり、男性警備員を負傷させるなど、大暴れ。
警備員は胸や腰の打撲の怪我を負いました。

山口選手は、こうした暴行トラブルがあったのにも関わらず、1週間も報告を怠っていたため、球団は、18日の午前になって始めて事態を把握することになりました。

色々とダラしない面が浮き彫りになってしまいましたね。

今回の件で、病院側と警備員からは器物損壊と傷害の疑いで被害届が出され、受理されています。

巨人にとっては、賭博関連の問題もあっただけに、風当たりが強くなりそうです。

それにしても、巨人への移籍で、メディアやファンの注目度が高かったのは本人も重々承知であり、公の場での振る舞いまで気を配らなければいけない環境にも関わらず、どうしてこんなことを起こしてしまうのでしょうかね?

人気球団でもありますし、3年契約も結んでいるのに、わずか半年程度でこれとは示しが付きません。。。

ファンもがっかりでしょう。。。

山口選手、急遽先発取りやめ!!

18日の中日14回戦(ナゴヤドーム)の予告先発が前日に発表されていた山口選手ですが、ナゴヤドームに姿を見せることはありませんでした。

山口選手の報告が遅かったために、球団側は急遽対応に追われることとなりましたが、先発変更を中日球団、セ・リーグ運営部に申し出をして、選手たちにも中日戦の試合前にミーティングで事態が伝えられたようです。

球団からしたら、本当いい迷惑でしかありませんね。
巨人は、連敗が続いて苦しかった時期が続きましたが、前半戦最後の9連戦を7勝2敗で乗り切って上向きの空気ができあがっていた矢先の出来事なので、残念でなりませんね。

今後の措置はどうなる?

先発取り止めの応急処置はしましたが、今後山口選手はどのような処遇になるのでしょうか?

球団によると、当面は起用を自粛し、本日19日には出場選手登録の抹消を行うとしています。
また、山口選手は試合前に、すでに帰京しているとのこと。

これより後のことは、詳しい調査を待ってからの措置となるようです。

調査が進んで、更なる悪事が出てこないと良いですね。

スポンサーリンク

山口俊選手のプロフィール


1987年7月11日、大分県生まれの現在30歳。

身長187cm、体重97kg、右投げ右打。

柳ケ浦で甲子園出場を2度も果たす。

2005年、高校生ドラフト1巡目で横浜(現DeNA)に入団し、2006年6月29日の巨人戦にてプロ初登板初勝利を飾る。

2016年には、自己最多の11勝を挙げ、オフに国内FA権を行使して巨人に移籍。
通算371試合登板、40勝45敗111セーブ、防御率3.38

スポンサーリンク
スポンサーリンク
トップへ戻る