Uber Eats (ウーバーイーツ)でお花見の飲食を彩ろう!注文方法はこちら!

春真っ盛りの四月ですね。
桜が全国のあちこちで見頃を迎えて、お花見が楽しい季節になりました。

お花見といえば桜を眺めることも楽しみですが、桜を見ながら食べるご飯がお花見を一層盛り上げますよね。

過去にお花見でおすすめな料理ケータリングについてなどなどご紹介しましたが、さらにおすすめなデリバリーサービスを見つけたのでご紹介します。

その名もUber Eats (ウーバーイーツ)という最新のフードデリバリーサービス

なかなか画期的で、アプリを使って注文でき、少人数でも利用しやすいんです。
詳しくご紹介しますね。

 【a】Uber Eats オーダープログラム

Uber Eats (ウーバーイーツ)はお花見での食事が快適!

Uber Eats (ウーバーイーツ)って何?

Uber Eats (ウーバーイーツ)は数多くある飲食店から好きな料理を選んでアプリやウェブサイトから簡単に注文できる、最新のフードデリバリーサービスです。
どんな所が最新なのかを説明しますね。

特徴その1:選べる料理が圧倒的に豊富!

まず1つ目、複数の飲食店の料理から好きなものを選べる所です!

一般的なデリバリーサービスは自社製品、つまり自分の会社で作った料理を自分の会社の社員(アルバイト・パートなど含む)が注文者の自宅まで届けることが多いです。

が、ウーバーイーツの場合は自社の料理店や配達員を持たず、様々な飲食店の料理をユーザーの代わりに注文して配達くれるサービスになります。

つまり、ウーバーイーツというサービス一つを利用するだけで、たくさんの選択肢の中から好きな料理を選べるという点で新しいといえます。

料理を提供してくれる店舗の数はなんと、4,500店舗
デリバリーサービスで思い浮かぶのはピザとかハンバーガーとかだったのですが、ウーバーイーツではもっともっと多くのレストランの料理を提供してくれるんです!

嬉しすぎますよね!

→Uber Eats フード注文

特徴その2:配達状況が一目でわかる!

そして2つ目は、リアルタイムで配達状況が分かるところです。

注文した料理を店舗から指定した場所まで配達してくれるのは配達パートナーという人達になります。

配達パートナーがどこまで運んできてくれているのか、あと何分ぐらいで料理を届けてくれるのかがアプリでリアルタイムで確認できます。

どんな人が運んできてくれるのかも分かるようになっているので、ユーザーも「いつ来るんだ!?」とイライラすることなく安心して料理を待つことができます。

特徴その3:少人数でも注文できるし、野外にも配達してくれる!

「2〜3人だと注文する値段が低すぎてデリバリーしてもらえない」という経験したことありませんか?

他のデリバリー・ケータリングでよくある「◯◯円以上注文の方のみ」、「◯人分以上注文可」というような最低注文金額や人数制限がウーバーイーツにはありません。
もちろんお一人様でも利用できます。

また、一般のデリバリーでは受取場所の多くは「自宅」となり、お花見会場など野外への配達を行ってくれるところは少なめです。
できるとしても「要相談」となっている所が多いです。

ウーバーイーツならお花見会場など野外への配達も可能で、アプリで場所を指定するだけでOKなので、相談なんかする必要はありません。
注文はサクサクっと、相談せずに済ませたいですよね。
人数も、場所も気にせずに頼めるところはまさに「お花見向け」のサービスですよね。

 【a】Uber Eats オーダープログラム

Uber Eats (ウーバーイーツ)のメリット・デメリット

いろいろとウーバーイーツの特徴をご紹介しましたが、実際にお花見でウーバーイーツを使う際のメリットとデメリットをまとめますね。
ウーバーイーツの便利さをたくさんご紹介しましたが、それだけでは胡散臭いので(笑)デメリットもご紹介します。

メリット

1.お花見会場まで料理を運んでくれる

朝早起きして料理を作る必要も、重い思いをして料理を会場まで運ぶ必要はありません!

2.少人数で利用可能

「2〜3人」でも、「1つだけ注文」でもOK。
少人数でのお花見のデリバリーに向いています。

3.注文できる料理が豊富!

デリバリーでレストランの味が楽しめます!

デメリット

1.場所によっては利用できない

ウーバーイーツは少しずつ利用できる範囲が広がっていますが、まだまだ地域によって利用できる場所が限られています。
調べてみたところ、東京のメジャーなお花見スポットは大丈夫なところが多いようでしたよ。

ただ、お花見会場によっては利用できない可能性があるのでご注意下さいね。
サービス展開エリアは以下のとおりです。
東京、横浜、川崎、埼玉、千葉 、大阪、京都、神戸、名古屋、福岡

2.配達手数料がかかる

ウーバーイーツでは注文した料理の金額とは別に配達手数料が発生します。
便利な分、料金がかかってしまう訳ですね。

気になる手数料ですが、以前は一律380円となっていましたが、2018年6月頃から混雑状況によって配達手数料が変動するようになりました。

配達する場所が比較的近いと380円よりも安い値段の手数料で注文することができます。
しかし場合によっては1,000円以上となることもありますので、利用する際にはご注意下さい。

Uber Eats (ウーバーイーツ)ではこんな料理が楽しめる!

ウーバーイーツではどんな料理を注文できるのか、実際に検索してみました。
例えば、東京の上野恩賜公園近くで頼めるおすすめ料理はこんな感じです。

ハンアリ Hanari restaurant(韓国料理)

好茶 浅草店 KOCHA Asakusa(ドリンク)

タコベル 神田神保町店 Taco Bell KANDAJINBOCHO(タコス)

マクドナルドやケンタッキー、松屋など大手チェーン店のお馴染みの味から、カレー、韓国料理、タコス、お寿司、タピオカドリンクなどなど種類豊富に頼めます。

 【a】Uber Eats オーダープログラム

Uber Eats (ウーバーイーツ)の注文方法はどうやるの?

ウーバーイーツの注文方法をご紹介します。
簡単なのはアプリを利用する事です。
試しにアプリを利用してみたので、ところどころ写真付きでご説明しますね。
大まかな流れは次のとおりです。

1.電話番号の入力


2.メールアドレスの設定

3.アカウントパスワードの設定

4.自分の名前を入力

5.利用規約・個人情報保護方針に同


6.支払い方法の選択

7.配達先を選ぶ


8.料理を選択

9.注文確定

試しにタピオカドリンクを頼んでみたのですが、お店が近くにあるという理由から配送手数料は230円となっており、思った以上に安かったです!

既に個人情報の登録をしている場合、配達先を選んで、好きな料理を注文するだけなので簡単です。

→Uber Eats フード注文

まとめ

いかがでしたでしょうか?
料理の選択の幅が広くて、贅沢なレストランの味からお馴染みのファーストフードの味まで楽しめるのに、自分でお花見会場まで持ち歩く必要がなく楽ちんな新しいサービス!

荷物が増えがちなお花見を楽にしてくれる、嬉しいサービスですよね。
上手にウーバーイーツを使いこなして、お花見を楽しんでくださいね。