iPod シャッフルとナノが生産終了!価格高騰の可能性大!?転売にご注意!

なんと、ipod shuffleとipod nanoが生産終了という衝撃的なニュースが入ってきました!

米アップルが27日、携帯音楽プレーヤー「ipod(アイポッド)」の旧型シリーズ「シャッフル」と「ナノ」の生産を終了すると発表したんです。
音楽プレーヤーのなかでも「アップル・ミュージック」から音楽配信が受けられない最後の2機種であったため、生産の終了を決定したとみられます。

しかしながら、シャッフルとナノはユーザーにとっては便利であったため、嘆きの声が多く寄せられています。
また、この生産終了によりipod classicの時のような価格高騰が予想されます!

その辺を踏まえて詳しく見て行きたいと思います。

スポンサーリンク

「シャッフル」と「ナノ」生産終了に悲しみの声


この2機種は、創業者の故スティーブ・ジョブズ氏が2001年に投入した初代アイポッドの後継機で、「iTunes(アイチューンズ)」あるいはCDなどのメディアからダウロードした楽曲のみを再生できるものです。
継続して生産されるアイポッドタッチはアップルミュージックから音楽配信を受けられるので、残されたとみられますが、正直この采配はどうなのでしょうか?

ネット上をみてみると、嘆きの声が多く見受けられます。

中でも一番多い意見は、iPhoneとは別に「シャッフル」と「ナノ」を利用していたという意見。
iPhoneさえあれば、全てのことが事足りるようになっており、もちろん音楽も楽しめます。
しかしながら、iPhoneで音楽を聴くという行為は、バッテリーの減りに直結することから、ipodを別に持って音楽を再生することのみに重点をおいて利用している人が多かったようです。

私も以前、iPod classicを持っていたときは、この使い方をしていました。
2台持つのは大変では?なんて声もありましたが、iPhone1台で全てをこなすよりも別にしていた方がストレスは全くなかったです。

また、ipod classicに関しては画面を見ずにクリクリと操作できるのも良かったですね。

そして、何と言っても「シャッフル」と「ナノ」は軽い!!

この軽さについての意見も相当多かったですね。

特に「シャッフル」はランニングする際に使用している人も多く、これはiPhoneやタッチでは代用できないという意見が圧倒的に多いです。

やはり適材適所ということで、使い分けがあったほうがユーザーにとっても有難いことなのではないでしょうか?

様々な声の中に「シャッフル」か「ナノ」どちらかだけでも残して欲しかった・・・という意見もありました。
確かに、どちらかだけでも残して欲しかったですね。。。

classicから見る価格高騰の恐れ!

生産終了のお知らせで悲しんでいる人が多いことと思いますが、懸念すべき事項があります。
それは「価格高騰」です!

これは、恐らく・・・というより確実にあるんやないかと思います。
生産終了ということは、かなりレアな商品になるということです。
全く手に入らなくなる代物ですからね。

2014年秋、ipod classicが無くなった時もそういったことが起こりました。

アマゾンやイーベイでは、中古品のiPodが元値の数倍の値をつけて販売されていました。
しかも、このデバイスを求める人はまだまだ多く、いくらお金を積んでも構わないという人がいました。

アップルが販売を終了して以来、イーベイでのiPod classicの販売台数は3000台にのぼったというから驚きです。

たとえば、新品のiPod classicの120GBモデルをみてみると、2008年の小売価格は249ドルで販売されていましたが、大幅に価格が高騰し、最高値で900ドル近くまで跳ね上がりました。
どれだけすごいことか分かりますよね。

倍以上の値がつくわけです。

ちなみに、日本においても同じで160GBモデルは、2万4000円が7万4000円で取引されていました。

classicのこの前例を考えると、「シャッフル」と「ナノ」も恐らく同じ状況になることが予想されます。

スポンサーリンク

転売にご注意!

おそらく、転売屋がこの絶好の機会を狙って買占めると思います。
すると、本来5000円、15000円くらいで買える商品が倍以上の値段で売られるでしょう。

ヤフオク、メルカリにそういった商品が溢れ買えるでしょう。
もし、本当に欲しいと思っているのであれば、今日、明日でipodを入手しておくのが吉です!!

もしくは、通販で買いましょう!

価格高騰になる前に電気屋さんに走りましょう!!!笑

最後に

生産が終了した商品でも必ず愛好家は存在します。
レコードの愛好家が今でも多く存在するように、この商品だからこそ満足がいくという人間の欲求を満たすものがあるわけです。

だからこそ、価格高騰が起こりますし、それを利用する転売が横行するわけです。
高い値段で掴まされないように、善は急げです!!笑

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

オススメ記事▼

スポンサーリンク
スポンサーリンク
トップへ戻る