塩分補給に効果的なのは塩飴か飲料か!?熱中症対策の検証!!

どうも、ちぇぶです!
今回は熱中症対策に効果的な塩分補給の方法は飴なのか?それとも飲料なのか?
というのを書いていこうと思います!

e97568c8b1759339c3081782f55d623c_s

近年、熱中症による死者が増加し、やたらと「熱中症」という言葉を耳にするようになりました。
先日、ニュースを見ていたら7月の3週目は7日間で7000人の緊急搬送があったとか!
もちろん、全て熱中症患者です!

本当、甘く見ていたら自分がいつ倒れるかわかりませんよね。。
明日は我が身です!

では、早速書いていきます!

スポンサーリンク

熱中症を知ろう!

まず、熱中症について基礎的なことだけでも知っておきましょう。
これだけ騒がれてても、案外熱中症について知らない人多いんですよね。

熱中症は、長時間高温多湿な場所にいることで、体内の水分や塩分のバランスが崩れ
体温調節がうまく機能しなくなるために、体内に熱がこもってしまう状態のことを指します。

勘違いされやすいのは、熱中症は屋外の日のあたる所だけという認識です。
熱中症は、屋外は勿論ですが、屋内の暑く熱のこもった場所でも発症します。

近年、多く見受けられる例は、エアコン代の節約などで多少の蒸し暑さを
我慢していて気付いた時には部屋の中で発症しているといったケースです。

最悪は死に至ることもあるので、未然に防止するにはある程度の知識は
準備しておきましょう。

塩分を摂る必要性

汗をかいたり、暑い所に長時間いると「水分を摂ったほうがいいな」と誰もが思いますよね。
しかし、案外知られていないのが、実は水分だけを摂るのはあまり良くないということです。

それはなぜか?

人間の体は大量に汗をかくと、水分だけではなく、カリウム、マグネシウム、カルシウム、ナトリウム(塩分)といった
ミネラル類も一緒に体外に排出されてしまっています。

その状態で水分だけを摂取するとどうなるのか?
ミネラルバランスが崩れてしまい、症状が酷くなることがあります。

ですので、水分・塩分をバランス良く摂ることが大切なんです。
更に、糖分も適度に摂取すると良いですね。

ちなみに、厚生労働省は「水に食塩とブドウ糖を溶かしたもの」推奨しているので
作って持ち歩くのも良いかもしれませんね!

※塩分の摂取には注意点があります。後ほど、注意点を書きますので最後までお読みください。

【塩飴と飲料どっちがいいの?】の結果は次のページで!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

オススメ記事▼

スポンサーリンク
スポンサーリンク
トップへ戻る