「Antaga大正」店長・梶林洋介被告が大麻所持で逮捕・起訴!顔画像や店舗はこちら!

大阪市内にある人気ラーメン店の店長・梶林洋介被告が、店内で大麻を所持していたとして大麻取締法違反の罪で逮捕・起訴されました。

「Antaga大正」は雑誌やテレビなどで取り上げられる有名店なのでとても衝撃的な事件です。

それにしても、お店の中に大麻を隠し持っていたとのことですが、食事を出すところにこんな物を置いておくなんて、お店を経営する人間として如何なものでしょうか。。。

どんな状況で発覚したのか、また店舗はどこにあるのかなど、色々調べてみました。

では、早速みていきましょう!

「Antaga大正」の店内になぜ大麻が!?

この件で一番気になるのは、なぜ店内に大麻を保管していたのかということ。
そして、なぜ発覚してしまったのでしょうか。

詳しくみていきたいと思います。

梶林被告は、先月9月14日に経営するラーメン店の店内で大麻約11グラムを所持していた疑いで逮捕・起訴されました。

末端価格にして5万円ほどの大麻を所持していたとみられています。

店内で大麻の臭いがしたという客もいるくらいですから、以前から警察から目をつけられていたのでしょうかね。

大麻の臭いは独特ですぐわかると聞きますが、客さんも大麻の臭いがわかるっていうのが若干気になります・・・笑(吸った事あるのかな?)

大麻は客も行き来する通路に置かれていたダンボール箱の中などに入れられていたそうです。
通路に置くなんて全く隠す気がなかったのでしょうか?笑

また、財布などにも入っていたそうです。

大麻を店内に置いていた理由ですが、「自宅では家族がいて吸えないので、店で保管し、仕事終わりに吸っていた」と供述しているようです。

家族がいて吸えないのも当然ですが、自分の商売をする場所で吸うのも考えものですよね。
自分のラーメンを食べに来る客をなんだと思っているのでしょうか・・・

梶林洋介被告の顔画像

梶林被告の顔画像はすでにニュースなどでも出回っていますが、載せておきたいと思います。

個人的な意見ですが、野外フェスに行ってそうな雰囲気の店長さんですね。
大麻を吸ってたといわれても、なんとなく納得してしまうかもしれません。

梶林被告はまだ32歳ととても若いですが、せっかくここまで自分の店を人気店にさせたのに勿体ない限りです。

全うに生きていれば、もっともっと上を目指せたかもしれませんが、今回の件で信用は崩れた事でしょう。

「Antaga大正」の場所はどこにある?

私もラーメンはよく食べに行きますが、大阪に足を伸ばして食べに行った事はないので、「」の場所は知りませんでした。

調べてみると、場所は「大阪府大阪市大正区三軒家東1-2-4」です。

お店はこちらですね▼

現在はどうなっているかというと、営業はしておりません。
9月12日に以下のような投稿があり、今に至ります。


「Antaga大正」についてネットの反応は?

「Antaga大正」の店長が大麻所持で逮捕されたことで、ネットでも反応がかなりありました。
どんな反応があるのか見てみましょう!

お店でラーメンを食べた事がある人は、今回の件を受けて食べたラーメンに大麻が入ってたんじゃないかと不安になっているようですね。笑

自分が吸いたいと思っているわけですから、さすがに大麻をラーメンに入れるとは考えにくいですが、真実はわかりません。

これから先、「Antaga大正」がどうなってしまうのかはわかりませんが、誰かが継ぐのでしょうか?
客足は遠のくでしょうが、なんとか立て直せると良いですね。

とにかく、梶林容疑者には更生してもらいたい!!