24時間テレビのマラソン やはり渡部建か!?不安を語る一幕も・・・

だいぶ遅れている24時間テレビ、チャリティーマラソンの走者の発表ですが、実は、チャリティーマラソン走者が放送当日に発表されることがわかりました。

前例のない大きなスケジュール変更に視聴者も一体どうなることやらと不安になるかもしれません。

そんな中、24時間テレビのスペシャルサポーターを務める渡部さんは「本当に(走者を)知らないんです。僕かもしれない」と困惑気味に語っています。

前々からチャリティーマラソンには渡部さんがなるのでは?と囁かれており、私も以前記事にしました。

やはり、佐々木希さんと結婚したことは、日本中の大きな話題となりましたから、走者にはもってこいのポジションと言えます。

しかしながら、渡部さんは少し不安を抱えているそうです。
一体どんな不安があるのか調査してみました。

異例の当日発表

まず、過去25年の歴史を辿ってみても24時間チャリティーマラソンの走者が事前にわかっていないというのは初の試みになります。

ランナーとなる本人すら当日になるまでわからないというのですから、とっても迷惑な話です。

所属事務所には事前連絡するということになっているようですが、本人には告げられないとのこと。

ですが、今のところヒントはいくつか与えられています。

「当日(会場の日本)武道館にいる人」

「走る理由のある人」

以上の2点。

当日に武道館にいて、走る理由のある人ということであれば、もちろん「今年一番の話題性がある人」ということでもあります。

やはり渡部さんが濃厚か・・・。笑

当日までランナーがわからないため、可能性が有る限りマラソンの練習をしなければならないという課題を課せられます。

渡部さん然り、同じくスペシャルサポーターの東野幸治さん、宮迫博之さん、後藤輝基さん、梅沢富美男さんらはすでに問診を受けたといいます。

練習したのに走者にはならなかったというのが一番最悪なパターンですね。
健康とダイエットのためにはなりますが、練習損ということになりますから・・・

走者が梅沢さんだったらちょっと気の毒ですね。笑

渡部建さんの不安・・・

渡部建さんは、一部報道で走者が渡部さんではないかと噂されていることに困っていることを明かしています。

本当に走者であるかどうかは告げられていないとした上で、もしかしたら自分かもしれないとも感じているんだそうです。

対象者の可能性がある以上「自主的にトレーニングしてください」と要請されており、念のため渡部さんはトレーニングを始める予定ではいるそうです。

しかし、一番不安としているのが「腰痛」とのこと。

「腰に爆弾を抱えているので怖い」という気持ちと「万が一の時に走れないと迷惑がかかる」という気持ちに頭を抱えている状況のようです。

ただ、迷惑はかからないようにトレーニングをするそうですから、なんとか頑張って欲しいですね。

というか、腰に爆弾を抱えているなら、走者にしないであげて欲しいものです。

腰を庇って辛そうに走る渡部さんだけは見たくないですからね・・・

渡部さんは、走者になりたい願望も?

走者に選ばれるのを心配している渡部さんですが、以前私が記事に書いたように正直言えば走者になることも狙っているのです。

すでに、好条件で走者になることをテレビ局側から提示されていたという渡部さんですから、「困っている」としながらも実は狙っている可能性が高いのです。

この内容については以前の記事に詳しく記載してありますので、下にあるリンクから是非読んでみてください!

ということで、当日まで誰が走るのかわからないチャリティーマラソンに不安の声をもらす渡部さんについてでした!

「24時間テレビ 愛は地球を救う」の名物コーナー“チャリティーマラソン”のランナー選出が近づいてまいりました! 今現在、候補に挙がって...