元覚せい剤常習者 川崎タツキとは?wiki風|ビートたけしのTVタックルに出演!覚せい剤の危険性とは?

ビートたけしのTVタックルに出演!
元覚せい剤常習者からプロボクサーになった川崎タツキとは一体どんな人物なのでしょうか?

そして、元プロ野球選手・清原容疑者が球界を騒がす原因となった覚せい剤はどんな危険があるのでしょうか?

芸能界でも疑惑が浮上している人も多く、気になるところなのでみていきましょう。

川崎タツキとは?

aaaa

生年月日:1972年 4月3日
出身:東京都足立区
職業:会長/ 元プロボクサー
専門分野:教育/ボクシング/薬物問題

スポンサーリンク

中学校三年生の夏に傷害事件を起こして少年院へ入所し、極道の世界へ足を踏み入れるほどの悪です。
その後は、覚せい剤に手を出し、あらゆる薬物にハマっていきます。

薬物の幻覚に苦しみ、自殺を図ったこともあります。
沖縄ダルクという精神科に入院し懸命な治療で見事克服。

1999年にボクシングをはじめ、2000年28歳でプロデビューを果たします。

2010年にはパワーオブドリーム(格闘技ジム)の会長に就任します。

ここまで人生を立て直すのは、血反吐の思いでしたでしょう。
自業自得と言ってしまえばそれまでかもしれませんが、川崎タツキさんから学べることも多いのではないでしょうか?

現在は、講演活動なども行っており。
教育、ボクシング、薬物問題、家族を題材に人々へ自分の言葉を伝えているようです。

覚せい剤の危険性とは何か!?次のページへ ↓

スポンサーリンク
スポンサーリンク
トップへ戻る