ASKA容疑者「ギフハブ」に監視されているとミヤネヤで告白!ギフハブってどんな組織やwwww

本日29日の『情報ライブ ミヤネ屋』で逮捕前のASKA容疑者と生電話した様子が放送されました。

その会話中に出てきた謎の組織『ギフハブ』。

今、このギフハブが一体どんな組織なのかでネット上は大盛り上がりになっています。

スポンサーリンク

ASKA容疑者はギフハブに監視されている?

ASKA容疑者は謎の組織ギフハブに監視・盗撮されている模様。

番組内でハッキリと「ギフハブっていう組織に監視(盗撮・盗聴)されている」と言っていました。

組織について「携帯の中にアプリが埋め込められていたんですよ。証拠も取ってある。ARっていう仮想現実なんですけど、
僕のいるところを映したりして…。それに気付いたの僕が初めてじゃないかと思うんですよね。」

もはや、カオスな内容になっています。

ちなみに、日本全体もこのギフハブという組織に監視されているんだとか・・・。

ギフハブを調べる人急増中!

この謎の組織を解明すべく、日本中のネットユーザーが「ギフハブ」を検索中なんです!

twitterでもユニークなつぶやきで溢れ返っていますね。

岐阜県の風評被害にもなりかねないものもありますね!笑
間違いなく、岐阜県は関係ありませんので!

結局いくら探しても「ギフハブ」という組織は見当たらないということで
やはり、ASKA容疑者の薬による幻覚や妄想といった症状なんじゃないかと言われております。

ギフハブは存在するのか?

ギフハブの存在の有無については皆目検討もつきませんが
今のところ、検索エンジンで検索した結果、見つからなかったという情報しかありません。

なので、私は存在する可能性も0ではないと少し期待しております。笑

謎の組織が検索エンジンで簡単にヒットするのもおかしな話かなと思うので
フリーメイソンのような秘密結社であることに期待してます!!

信じるか信じないかはあなた次第です。(パクリ)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
トップへ戻る