「痴漢冤罪保険」男性の加入者殺到!「逃げるより、弁護士に!」救世主サービス現る!

ここ最近、冤罪に関わる事件が多発しており、明日は我が身と思って通勤している人も少なくないはずです。
そこで、今、「痴漢冤罪保険」なるものがあるそうで、男性の加入者が殺到しているとのこと!

冤罪に巻き込まれたら、「逃げる方が良い!」なんてことが囁かれていましたが、そんなことはありません。
むしろ、線路内に逃げ込んで命を落とした人もいますし、電車が遅延するなど大事になってしまいます。

これからは、「逃げるより、弁護士に!」を念頭に置くのも良いかもしれません!
では、「痴漢冤罪保険」というものに関してみていきましょう!

「痴漢冤罪ヘルプコール」という救世主!

「痴漢冤罪ヘルプコール」というのがあるのですが、これは、ジャパン少額短期保険が打ち出した、契約者向け特典です。

通常、保険に入っていなければ、痴漢に間違われてしまい逮捕されれば、社会的地位や家族さへも失ってしまいかねません。
そんな時に、この「痴漢冤罪ヘルプコール」に加入していれば、それを防ぐことができます。

どういう内容なのかというと、契約者が痴漢の疑いをかけられた直後にスマートフォンなどで弁護士と電話できるサービスが「痴漢冤罪ヘルプコール」なのです。
これはかなり強い味方になりますね!!

もう少し掘り下げてみましょう。

スポンサーリンク

どんな仕組みなのか?

仕組みは、至ってシンプル!

事件が発生したら、疑われた契約者は、電話で通報をします。
すると、提携する全国各地の弁護士に一斉に緊急メールが届きます。

通報者の位置情報も発信されるため、近くの弁護士が駆けつけたり電話で相談に乗ってくれます。

その場で、弁護士がアドバイスや対応をしてくれるので、心強いですよね!

しかも、48時間以内の弁護士費用、接見費用(交通費などを含む)がジャパン少額短期保険から全額補償されるので、安心です。

詳しくはこちらを見てください▼

保険料はいくら?申し込み方法は?

■保険料:月払/590円、年払/6400円

■保険申込み方法:インターネットやスマートフォンから申し込めます

そんなに高額なものではないので、入っておくと安心かもしれませんね。
全てを失うくらいなら、「安心」を買ったほうが得策です。

最後に

線路内に逃げ込んだ事件を境に、契約件数が数百件にも上り、以前の10倍以上に急増しているとのこと。
もちろん、契約者の8割が男性です。

それだけ、現在では”冤罪”に敏感にならなければならない時代になってしまったと言えますね。

ちなみに、この保険は痴漢被害に遭った際にも利用可能のため、女性の契約者も2割程度いるんだとか。
もちろん、冤罪でなければ補償はされないので、ご注意ください!

「痴漢トラブルにいつ巻き込まれるか分からない」

だからこそ、こういったサービスが必要なのかもしれませんね!

安心して電車に乗れる生活を手に入れましょう!

関連記事【悲報】痴漢冤罪の対策方法が怖すぎると話題!弁護士事務所もお手上げで日本終了のお知らせ。。。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
トップへ戻る