文化祭でジェットコースターを作る人必見!作り方と注意点とは!?

どうも、ちぇぶです!

みなさん、文化祭での出し物を何にしようか迷っていませんか?
折角、みんなで力を合わせる機会なのですから「ジェットコースター」なんかやってみたい!
と思う学生は多いはず!

しかし、どうやって作るの?何に注意したらいいのかわからない・・・などなど不安な要素が多いのも事実!

ですが、意外とジェットコースターに挑戦している学校はあります。
なので、出来ないなんてことは全くありませんので。是非、挑戦してみましょう。

スポンサーリンク

文化祭用のジェットコースターの作り方

image
とにかく材料が集まらなければ全く進みませんから、材料を集めます。

材料にかかる費用などは「費用はどのくらいかかるの!?」の記事に書いてあるので参考にしてみてください。

■大量の木材

■キャスター、車輪

■留め具,ネジ等

■衝撃を抑えるクッション

必要な物はざっとこんなものでしょうか。

ジェットコースター本体を作る

まずは、人が乗る所が必要になります。

色々な構造はありますが、箱型が一番おすすめです。

人が三角座り(体育座り)で入れる空間を作りましょう。
二人乗りのジェットコースターを作りたいと思いますが、ここは安全面を考えてなるべく一人乗りにして下さい。

ジェットコースターを作る場合、おそらく殆どの人が「カーブ」を作りたいはずです。
直線のみのジェットコースターを出し物にすることはほぼないと思います。

そうなると、必ず、カーブで遠心力が働き、物凄い力がコースに掛かります。
それに耐えうるコースを作れるなら問題はありませんが、カーブでかかる力は甘く見ないほうが良いでしょう。
ですから、ここでは一人乗りを想定して書いていきます。

木材の厚さは最低でも2cmはあった方がいいでしょう。
箱型に組み立てる際にはしっかり、頑丈な留め具で緩みや歪みがないようにして下さい。

走行中に分解して壊れてしまったら大事故になってしまいます。

箱型に木材を組み立てたら、側面と底面にローラーをつけましょう。
ローラーは多ければ多いほど滑らかに、頑丈になるわけではありません。
あまり多くつけても、しっかり稼動するローラーは一部になってしまいます。

必要な箇所、必要な個数を取り付けるようにしましょう。

ここで、ポイントになるのは車体を低くして横幅を大きめに取ると本体が安定した走りになるので
是非参考にしてみて下さい。

次のページで『コースの作り方』を紹介します!

次のページへつづく

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

オススメ記事▼

スポンサーリンク
スポンサーリンク
トップへ戻る